チェロのレッスン114回目、自分の演奏を録音して聞き直すと音が短く、不安定に聞こえる件を相談してみた

今日のレッスンは、いつも何度でも2回目。
ボーイングの確認だけ。

あと、先生に、自分の演奏を録音して聞き直すと音が短く、不安定に聞こえる件を相談してみた。
以前、お経みたいに1本調子に聞こえたのでそれを改善したかったのだけど、今は音と音の間に隙間がある感じ。
しかも音の強弱?音程?が一定でなく、弱々しく聞こえる。
発表会で弾いてた小学生の方が、よっぽど力強い。
先生が弾くと、音と音の間に隙間がなく、流れるように続いていく。音の強弱も連続して聞こえる。

以前ボーイングの改善に、ロングトーンの練習をするように言われたけれど、それだけではダメなようだ。
今度はベタ弾きの練習を指示された。
スタッカートのカッと引っ掛けるときの力具合で、弓元から真ん中あたりまでぐっと力を入れてベターっと弾く。
音階でも練習曲でも、全部その弾き方でやる。
すごく疲れるし、下手くそに聞こえるけど、筋トレだと思ってひたすらやる。

家に帰って、次の日にやってみた。
それを録音して聞くと、音が不安定な感じはなくなった。
んんん?今まで力が弱かったのかな??
しばらくこの練習を続けてみます。

最終更新日: